Special Edition

突然のオファー

長年生きていると面白いことに出くわすものだ。「Touch the Heartstrings」ではクルマネタがけっこう多く、それも個人的に最も好きな「アストン・マーチン」に関するネタが多いのも事実。

先日、アストン・マーチン ジャパンの広報担当の方から突然のメールをいただき、驚いた。そして、その内容にこれまた驚愕。「Touch the Heartstrings」の読者である広報担当の方から信じられないようなオファー。

昨年販売が開始された「DB11」を1年間貸し出すので、試乗モニターになり、月1回「DB11」でのドライブ体験記のエッセイを書いてほしいとのこと。

「こんなことってあるの…」。まさに、狐につままれたような、青天の霹靂というか、「う、うそ〜」ってな感じである。

さらに、毎月5万円のガソリン代とメンテナンスや修理にかかる費用が発生すれば「アストン・マーチン」が負担するという太っ腹な申し出。ただし、屋根付きの駐車場は用意してほしいとのこと。ま、これくらいは何とかしないと申し訳ない気もする。

そして、エッセイは、「アストン・マーチン」のウェブサイトで連載する…、こんな夢のようなオファーが届いた。

アストン・マーチン

もちろんこれまた2017年のエイプリルフールネタである。

申し訳ない。

 


 
 
 
Top  
 
 
pagetop